無香タイプの白髪染めトリートメントTOP3【使用検証】

検証済み白髪染めトリートメント

匂いのある、香料自体が苦手という方向けです。

 

無香タイプは数が少なく、全調査してきましたが、無香と呼べる
白髪染めトリートメントはわずか3つ。

なのでTOP3ランキングです。
(少ないとか言わんでください…)

無香だけど染まらないんじゃ意味無いんで、
「無香タイプ」かつ「良く染まる」ランキングになっています。

 

評価方法

使用条件は全て同一にしています。
調査の流れ

□ 色はダークブラウン

□ 放置時間は全て30分

□ 塗れた髪に使用

□ 使うシャンプーも同一

全てこの条件で調査し、そこから得たデータのランキングになっています。

 

目次

 

実際の染まり方の違い


※同一条件、ダークブラウン使用1回目の染まり比較。
染まりの良い順は

  • 1.シーラボ
  • 2.利尻
  • 3.テンスター

この順になってます。
画像の通りテンスターが1番薄い。

細かい違いもあるのでランキング順にそれぞれの特徴を。

 

無香タイプのカラートリートメントTOP3

第1位 ドクターシーラボ ヘアカラートリートメントスピード3

 

無香タイプで1番

「無香タイプの白髪染めトリートメント」はわずか3つだけですが、
全体の中でも上位に来る商品です。
知名度で言えば利尻の方が上なんですが

シーラボ ヘアカラートリートメント 染め5回後
利尻カラートリートメント 染め5回後

 

シーラボの方が濃さでは上です。

色味も赤みが強かったり、というのが無く、
黒髪にも馴染みやすい素直なダークブラウンといった色味。
染まりも濃いので、しっかり白髪はカバーしてくれます。

ほめ過ぎて胡散くせー。と感じると思いますので、弱点を挙げると色持ちです。
で比べてしまうと、若干そこで負けます。

ただ、無香タイプで一番良く染まるのはどれ?となると確実にこれ。
そこは動きません。

 

ダークブラウンの髪との比較

ドクターシーラボ カラートリートメント染まりイメージ

ダークブラウンの髪と比べるとこんな感じ。
左の女性よりも落ち着いたダークブラウンと言う色味。

価格 ¥3,200
内容量 235g
月間コスト ※約3570円

※平均2532円。ミディアムヘア想定。

色持ちがやや悪めなのでここが高めです。
コスパでは利尻の方が上。

 

実際に使用したレビューはこちら

 

第2位 利尻カラートリートメント

 

レベルは高い

スペックは良いです。
染まりも上々・色持ち上々。

濃さではシーラボに負けるので、シーラボより明るめに染めたい方向け。

あと、利尻はそこら中に売ってるので手に入りやすいメリットがあります。
他には知名度ですかね。
一番売れてるので安心感はあるかもしれません。

「無香タイプ」を探している場合でも、絶対にシーラボである必要もないですし
(そんな強制力ありません)
これを買っても十分染まりますので、利尻でも大丈夫です。

あと色持ちは利尻の方が良いので、コスパはこちらが上。

 

ダークブラウンの髪との比較

利尻カラートリートメント 染まりイメージ

ダークブラウンの髪と比べるとこんな感じ。
色味はシーラボと似ていて赤みの少ない、落ち着いた色です。

 

価格 ¥2,916
内容量 200g
月間コスト ※約2718円

※平均2532円。ミディアムヘア想定。

 

実際に使用したレビューはこちら

 

第3位 テンスター ヘナカラートリートメント

 

安い

上2つと比べると、相当染まりは落ちます。
なので、テンスターのメリットとしては単純な「安さ」ですかね。

染まり重視、白髪をちゃんと染めたいという場合は不足気味です。
もう一度出しますが

そこまでしっかり濃く染まるタイプではなく、
何度使ってもダークブラウンらしい深い色には届きません。

 

既にヘアカラーをしている方がトーンダウンに使う、
という場合じゃないと厳しいレベル。
これ単体でしっかり染めるのは難しいです。

あと、テンスター「ヘナ」カラートリートメントという商品名なので
「ヘナ染め」と勘違いする人多いんですが、
HC染料と塩基性染料が主体の普通のカラートリートメントです。
(ヘナエキスが入ってるだけ)

 

ダークブラウンの髪との比較

テンスター ヘナカラートリートメント 染まりイメージ

ダークブラウンの髪と比べるとこんな感じ。
左の女性レベルのダークブラウンの色にしたい、となるとそれは5回染めても厳しめ。

ちなみに染まってくると赤みがかなり強くなってきます。

 

価格 ¥1,092
内容量 250g
月間コスト ※約1660円

※平均2532円。ミディアムヘア想定。

 

 

実際に使用したレビューはこちら

 

無香タイプまとめ

商品名 評価
シーラボ ヘアカラートリートメント
ドクターシーラボ
無香タイプの中で最も濃く染まる。
一番良く染まるのが欲しい方向け。
利尻 ヘアカラートリートメント
利尻
ハイスペックだけど、濃さはシーラボに負ける。
自然なダークブラウンに染めたい人向け
テンスター ヘナカラートリートメント
テンスター
価格が安いが、その分染まりは上2つに大きく負ける。
とにかく安いのが欲しい人向け。

 

最後に

シーラボ ヘアカラートリートメント 匂い

実は検査機器で匂い数値も取ってたりしてます。

まぁ無香タイプなんだから、いちいち数値出さんでも…
という事でボツになりましたが。

 

【色味が全然違う】とか【価格に開きが大きい】とかだと悩むんですが、
シーラボと利尻は色味似てるし、価格もほぼ同じ。
真っ向勝負だったので、比べるのが楽で楽で…(笑)

 

無香タイプは数が少ないですが、どれを買えばいいか悩む理由が減るのは良い点かもしれません。
数が少ない中でも、いい物があって助かりました。

良いのが無かったら、この記事存在してませんからね…。
ではでは、参考になれば幸いです。

今回紹介した商品

 

 

 

 

コンテンツ

白髪染めヘアカラー比較表
白髪染めトリートメント比較表
白髪染めシャンプー比較表