【検証】シャンプーが違うとどのくらい白髪染めの色持ちが変わる?

せっかく白髪染めしたのに、すぐにキラ浮きが目立ってくる…
なるべくなら「長く持たせたい」という願望があると思います。

 

まぁ白髪染めはめんどくさいのでね(笑)傷むし。

 

出来るだけ染める回数を減らして、手間とダメージを抑えるためにどうすればいいのか?アルカリ除去とかもありますが、家で一番簡単に出来るのはやはりシャンプー。

よく市販のシャンプーは色落ちが速いからダメ、絶対。と言われますが実際のトコどうなのか、って実験です。これちょっと私もどうなるか楽しみにしてました。

 

結論から言うとかなり違います。

 

使用するシャンプー

そんなに数多くしてもしょうがないので

  • 市販シャンプー
  • 石鹸シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

この3つの検証を。

テストA パンテーン

市販で2番目(1位はメリットだったはず)に売れてる超有名どころ。
一回は使った事ある人多いんじゃないでしょうか。

ちなみに高級アルコール系。

テストB ミヨシ石鹸シャンプー

石鹸シャンプーならなんでもよかったので適当に有名どころを。
phは10.3のアルカリ域。たぶん1番色落ち早い。

テストC haru

せっかく白髪染めの色落ち実験なので、白髪対策用のシャンプーをチョイス。
ヘマチン入ってるというのも理由の一つ。

 

実験開始

てな訳で、実際に実験。
今回は「市販の白髪染めの色落ち実験」なので市販ので染めてます。

染め完了。
この染めた毛束にそれぞれこの3種類のシャンプーで洗っていきます。

洗う回数は30回。
ツライ。

 

結果

はいわかりにくい。

一応見えますかね?Cは赤がまだ残ってるので鮮やかな色。
ちょっとgifにしましょうか。

これで伝わりますかね。
軽視されがちですが、結構差が出ます。

色持ちの良い順は

1. C(アミノ酸系)
2. A(市販シャンプー)
3. B(石鹸シャンプー)

という結果でした。言われてるまんまですね。
特に石鹸シャンプーは色落ちがホントに速いです。

 

まとめ

 

とりあえず石鹸シャンプーだけは無い。

 

凄まじい速度で落ちていきます。
市販シャンプー(というか高級アルコール系)も色持ちが悪く、パサつきやすいのでお勧めはしてません。

 

やはり洗浄力の影響で、アミノ酸系有利です。
今回使ったharuはヘマチン入りという事もあって使ってみました。
ヘアカラー後の残留アルカリ・残留オキシの除去を手軽に出来るのがヘマチン入りが一番楽かな、という事で。

色持ちを良くして、ヘアカラーの回数を減らすために、シャンプー選びも考えてみてください。
かなり影響しますので。

 

※追記

一応haruの公式載せておきます。気になる方はどうぞ。
白髪・抜け毛に悩んでる場合、使ってみる価値あります。
⇒haruスカルプシャンプーの詳細を見る

コンテンツ

白髪染めヘアカラー比較表
白髪染めトリートメント比較表
白髪染めシャンプー比較表