サロンドプロ カラーオンリタッチの染まり方と使用した口コミ


メーカー ダリヤ


¥ 570

おすすめ度

染まりやすさ

仕上がり

使いやすさ

4.5

3.5

4.0

4.0

楽天で最安値を調べる

Amazonで最安値を調べる

種類 タイプ 乾燥時間 容量
白髪隠し マスカラタイプ 全5色 2~5分 15ml

カラーオンリタッチの染まりと色味

<使用前>

<使用後>

付けた時の色味は暗め

ダークブラウン使用。
サロンドプロは既にヘアカラーやらマニキュアやら使ってきましたが、
高確率でこの特徴持ってますね。

色が濃い。

ブラウンっぽさは強くありません。
どっちかと言えば暗め、黒に近いレベルです。
割と素直なダークブラウンのビゲンと比べるとわかりやすくて

明らかに黒い。
(上がサロンドプロ)

まぁ、サロンドプロのヘアカラーがこんな染まり方・色味なので、
合わせてきたのかなと。
(サロンドプロはヘアカラーも暗め・濃い目に染まるタイプ)

「付けたその日」は濃い目、暗めなので、明るいタイプ希望の場合は
希望色から1~2個下げて良いと思います。
染めた当日をダークブラウンに染めたいならライトブラウンを選ぶと言った具合に。

多分それでも若干濃いと思いますが。
そのぐらい濃いんですよサロンドプロって。カラートリートメントは例外。
このタイプには珍しく5色展開なので、比較的選びやすいタイプです。

暗めの落ち着いた仕上がりなので、
しっかり白髪をカバーしたい、黒髪に馴染ませたい方はダークブラウンでピッタリ。

元の髪色が暗め、暗めに馴染ませたい方におすすめの色味です。

 

どれぐらい徐々に染まる?

<使用前>

<1回使用、シャンプー後>

<3回使用、シャンプー後>

<5回使用、シャンプー後>

染まりやすさ 3.5

付けた当日の色はほとんど黒ですが、
徐々に染まっていく色味はダークブラウン。
という感じですね。

公式では「2~4回で白髪が気にならなくなる」とありますが、
2回は相当厳しいんじゃないかな…。
3~5回の方が正しい気が。3回辺りからかなり目立たなくなります。

白髪50%の3回目でこんな感じです。
完ぺきとはいきませんが、かなり目立たなく。

色の定着はかなり個人差出る所ですが、
「徐々に染まる」パワーは同商品帯で比べると若干ですが弱め。
ただその分耐水性が高めで流れにくい、というタイプです。

 

水落ち具合

染めた後に水ぶっかけて、どれだけ落ちるか検証。

白髪隠しは基本的に水にとことん弱くて、
まぁ上の画像でも思い切り落ちてますが、比較的落ちにくいタイプです。

少し手で触った程度なら大丈夫なので、
しっかり濡れる環境さえ避ければ問題ありません。

同商品と比べて水に強いとは言え、
雨の日や汗をかくことが確定してるシーンではおすすめしません。

 

サロンドプロ・カラーオンリタッチ まとめ

おすすめ度 4.5

    サロンドプロ カラーオンリタッチまとめ

  • 染まる色は暗いため、黒髪・暗めに馴染ませたい方に
  • 白髪が目立たなくなるまでには3~5回
  • 他のと比べ水・汗に強め
  • 使いやすさ、仕上がりは平均的

 

バランスのいい白髪隠し

「徐々に染まる白髪隠し」のジャンルで最も売れているので(多分)
真っ先に選択肢に入ると思います。

検証と実際に使ってみて感じたのは
「突出していい所もないけど、悪い所も特にない」
というタイプ。

で、こう見ると大したことなく見えるんですが
悪い所が特にないってのは中々凄い事で。
(欠点が無いって訳じゃないですよ。水には弱いです)

マスカラタイプで他に調べたのはビゲンとシーラボですが、

ビゲンは徐々に染まる力は強いけど、水に弱すぎ。
シーラボは色味や色の定着はサロンドプロとほぼ同等だけど、価格が2倍。
あとシーラボは乾燥後にくしを通すと染料の粉が落ちる。

明らかな欠点というか、デメリットがあります。
その中でサロンドプロは目立ったデメリットが無いです。
ニオイもないですし。

強いて嫌いな所を挙げるとするなら

マスカラ部までのアーチが長いので、塗る時にちょっと曲がりやすい。
これぐらいですかね。

仕上がりについてですが、乾いたらパリパリします。
ただこれはサロンドプロがどうこうじゃなく、他も全部なりますので
乾燥後にクシで軽く馴染ませた方がいいです。

 

あ、あと一応これに触れておきます。
白髪染め関係はやっぱり「ジアミン」の有無を気にする方が多いみたいで、
Amazonにこのやりとりがあるんですよ。

Q「ジアミンは少しでも入ってますか?」

A「容量はわかりませんが、パラフェニレンジアミンが含まれているようです」

 

・・・・・。

 

含まれている訳ないだろ。

そもそも過酸化水素がないので発色できません。
含まれている訳が無いですし、含まれてたらとっくに回収騒ぎです。
というか成分表みればすぐわかります。

Amazonさんはこのくらいは対応した方がいいんじゃないかな…。
白髪隠し関連でジアミン入れてる商品なんてありません。
酸性・HC・塩基性染料のどれかに分かれるだけです。

ちょっと脱線しましたが。

マスカラタイプの王道みたいな商品なので
どれがいいか迷った場合、まずこれから入ってみるのはおすすめです。

色のバリエーションも最も多いので、選びやすいと思います。
「暗めに染まる」という事だけ覚えておいてください。

 

 

カラーオンリタッチのレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
この商品は良かった、悪かったの本音を他の方に伝えてみませんか?

徐々に染まる白髪隠し 総合ランキング

 

コンテンツ

白髪染めヘアカラー比較表
白髪染めトリートメント比較表
白髪染めシャンプー比較表