プリオール・カラーコンディショナーN 使用した口コミと染まり方

プリオール カラーコンディショナー染まりイメージ
資生堂プリオール カラーコンディショナー テクスチャ
プリオール カラーコンディショナー染まりイメージ 資生堂プリオール カラーコンディショナー テクスチャ

メーカー 資生堂


¥ 1,094

おすすめ度

染まりやすさ

色持ち

指通り

3.5

2.0

悪い

良い

楽天で最安値を調べる

Amazonで最安値を調べる

 

どんな商品?

  • 染まりは非常に薄い
  • とにかく色落ちが早いので、毎日の使用が必要
  • 色移りが少なく、使いやすい

プリオール カラーコンディショナー 使用した染まり方

※濡れた髪に30分使用
他のサイトと染まり方が違う理由

種類 シリコン有無 ph 容量
カラートリートメント 3色 3.6 230g

資生堂プリオール・カラーコンディショナーN 使用した口コミ

染まりやすさ 2.0 



資生堂プリオール カラーコンディショナー 染め5回後

 

一回での染まりは薄く、根気が必要

有名商品ですね。
染まりが薄いのも有名です。
(とりあえずダークブラウンには染まりません)

同じ資生堂のティアラよりはブラウンっぽさは増してますが
それでもダークブラウンとは程遠い色味です。
濃く入りません。

 

染まりの濃さは見たまんま、非常に薄いので白髪のカバー力で言えばポンコツです。
肌に残りにくく、使いやすさに優れているので、回数こなしてようやく…ですね。
しっかり白髪を染めたいという場合、相当根気が必要。

 

ほぼ白髪の人が使うと使いやすさも相まって、持続して色味を生かせると思いますし、
とても面白い、個性のある商品だと思うんですが
「白髪を染める」という点で見れば弱いので注意が必要。

とにかく継続して使って、ぼかすように染めていくタイプです。

 

プリオール・カラーコンディショナー シャンプー7回後の色落ち

色持ち・・・悪い


資生堂プリオール カラーコンディショナー 色落ち

 

色持ちは約2日。
とにかく持ちません。

色持ちの経過はちゃんと撮ってますが、3回時点でこの落ち方なので
プリオール・シャンプー3回目の色落ち
出来れば毎日使いたい所。
肌への残りにくさ、使いやすさの利点を生かしての継続使用が前提。

 

指通り試験

指通り・・・良い

※ドライ後、30回計測。
計測方法について

30回平均
-0.114

指通りの良さは中、

ふんわりタイプです。
ツルツルした滑りはないですが、なめらかな仕上がり。

なんというか、すっごい自然な質感になります
(質の良いシャンプーだけで仕上げた時に近い)

素の髪の状態が出やすいタイプなので、ダメージヘアだとパサつきそう。
使う人の髪のダメージレベルで左右されると思います。

 

プリオール・カラーコンディショナーの香り

匂いの表現に困るシリーズ。
フローラルでもハーブでもない表現しにくい香りです。

口コミで「絵の具のような香り」と言っている人を見ましたが、
これが一番近い表現かもしれません。
変わった香りですが、髪に残りにくく強すぎる訳では無いので、大丈夫だと思います。

私個人の好みで言えば、普通です。
嫌いでも、好きでもない。

 

コスパ

価格 ¥1,094
内容量 230g
月間コスト ※約2505円

※平均2532円

ド平均。

しっかり染まるまでは10回程度必要ですぐ色落ちするので、価格は安いですがコスパは平均的。
色持ちの問題でパッと見の値段より費用は掛かります。

 

ダークブラウンの髪との色味比較

ダークブラウンの髪と比べるとこんな感じ。

何度染めても左の女性のようなダークブラウンには全く届きませんので、
しっかり・濃く染めたい方は不向きです。

 

プリオール・カラーコンディショナー総合評価

    プリオールまとめ

  • 染まりは非常に薄い
  • とにかく色落ちが早いので、毎日の使用が必要
  • 色移りが少なく、使いやすい

 

使いやすさ〇染まり×

異端です。

染まりは悪いし、色落ちも早いのでパッと見ではゴミなんですが、
肌・タオルに色が残りにくいので、継続使用がしやすいタイプです。

 

「普段使いのトリートメントの代わりに毎日つかってね」

 

という商品です。
だからとにかく使いやすくしたよ!というカラーコンディショナー。

中身も普通のと違ってHC染料・塩基性ではなく酸性染料で染めるタイプです。

pHが3.6と、やたらと酸性に寄ってるのもそのため。
髪を酸性に寄せることで、酸性染料を吸着させやすくする…まぁ覚えなくていいですけどw
仕組みは同じイオン結合ですが、くっつけるイオンが逆です。

 

とにかく根気というか、継続使用が必要なカラートリートメントなので
この仕上がりが気に入るかどうか、ここがポイントですね。
しっかり染めたい、仕上がりが気に入らない場合、ゴミ箱行きです。

 

しっかり染めたいなら×。
一気に染めたくない、ぼかすように染めていきたい人には〇。

人を選びます。

 

 

 

おすすめランキング

 

おすすめ記事