【検証】ルシード・カラーリンスの染まり方と口コミ


メーカー マンダム


¥ 720

おすすめ度

染まりやすさ

色持ち

指通り

3.2

3.5

やや悪い

悪い

楽天で最安値を調べる

Amazonで最安値を調べる

ルシード カラートリートメント 使用した染まり方

※濡れた髪に30分使用
他のサイトと染まり方が違う理由

種類 シリコン有無 ph 容量
カラートリートメント 全2色 5.2 160g

ルシード・カラートリートメント 使用した口コミ

染まりやすさ 3.5 


<染め1回>


<染め3回>


<染め5回>

 

やや黒髪には馴染みにくい色味

ナチュラルブラック使用。
やや紫味を感じるブラックと言った色味です。

染まりに関しては「ぼかす」には十分。「しっかり染める」には足りないといった染まり。
しっかり5回使ってもこのレベルです。


「染まりの濃さ」はそこまでなので、ちゃんと白髪を染めたいなら不足です。
そのため一番の用途は「目立たせなくする」なんですが…ちょっと色味が残念。

紫味を感じやすいので、もう少しグレー系統ならもっと馴染みやすかったんですが。
今回調査したブラックの中で、最も赤みが強い色味です。

配合されてる染料も茶・青・赤の3種なので、紫に寄ってしまいがち。
エグイ紫ではないけど「ブラック」と言うには遠い。
色味が惜しい商品です。

 

ルシード・カラーリンス シャンプー7回後の色持ち

色持ち・・・やや悪い



色持ちはやや悪めです。
一週間後には1回染め辺りの濃さまで退色。

色味自体は変わらないのでそこは良いんですが…キープには3日に1回は必要になってくるので、
相対的にコストが上がるのもちょっとマイナス。

 

指通り試験

指通り・・・悪い

※ドライ後、30回計測。
計測方法について

30回平均
‐0.1927

指通りの良さは中、8位。
最下位ですね。

酷くはないんですが、ややパサつきます。
エタノールがやたら上の配合順なのでこのせいですかね。

柔らかく仕上がりはするんですが髪が若干広がりやすく、ちょっとまとまりにくい。
まとまり重視、サラサラ感重視でなければ。

 

ルシード・カラーリンスの香り

ほぼ無香です。
なので言う事は特に…(笑)

人工香料が苦手な方向けですね。

 

ルシード・カラーリンス 総合評価

おすすめ度 3.2 (5位/8商品)

まとめ

○ 安い

△ 紫に寄りがちな色味で、やや馴染みにくい

× トリートメント効果は低い

 

色味が悪いのが最大のネック

ルシードで悩む場合、メンズビゲンが候補に入ってると思うんですが
この2つ、色味が結構違います。

テンスターも同価格帯なので、この3つで比べると


<3回染め後の比較>

① テンスターformen
② メンズビゲン
③ ルシード

こんな感じですね。
見たままですがルシードが最も赤みが強く、赤紫に寄っています。
いや、しかし改めて比べるとこの3つ、アレですね。

 

黒に染まるのがない(笑)

 

この中で選ぶのであればテンスターが最もいいと思います。
ルシードはどうしても「ブラック」とは到底言えないのが最大のマイナス。
(色持ち、手触りの悪さもですが)

簡単にまとめると

 

しっかりとは染まらず、目立たせなくしたい場合だと色味が良くない。

 

そんなカラーリンス。

 

 

ルシード カラートリートメントのレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
この商品は良かった、悪かったの本音を他の方に伝えてみませんか?

メンズ用白髪染めトリートメント 総合評価