番外編 サロン用ヘアカラー ルベル マテリアG

ルベル マテリアG
ルベル マテリアG 匂い
ルベル マテリアG ルベル マテリアG 匂い

メーカー ルベル


¥ 330

おすすめ度

染まりやすさ

色持ち

ダメージ

刺激臭

5.0

5.0

楽天で最安値を調べる

Amazonで最安値を調べる

マテリアG 使用結果

ルベル マテリアG 匂い

使用前後のダメージ

マテリアG 使用前キューティクル マテリアG 使用後キューティクル

オキシ6%使用なのでもう少し出るかと思ったんですが、市販のとほとんど変わらず。

このレベルの白髪染め程度のリフト力じゃ一回使っただけじゃ、
キューティクルに変化はほとんど無い事が多いですね…。

検証方法について
種類 タイプ 放置時間 匂いの強さ ph パッチテスト 容量
ヘアカラー クリーム 84色 30分 214 9.5 必要 1剤120g

ルベル マテリアG 使用した口コミ

白髪50%混合毛髪に使用した場合の染まり具合

染め前サンプル白髪50%
マテリアG 白髪50 染め後

白髪100%に使用した場合の染まり具合

白髪100%染める前サンプル
マテリアG 白髪100 染め後

流石に高品質

ブラウン統一なので8Bのブラウン使用です。
色味としては暗めですが、見た目より少し暗めに写るので…まぁダークブラウンです。
(出来る限り、見た通りの色味になるように撮影しているんですが)

発色の良さとかは、市販の白髪染めでもこのくらいのはあるんですが、
この白髪染めの良さ(というかサロン品?)は対比の少なさ。

とにかく馴染みが良く、目立たなく染まる。
こんだけ寄ってもわからないレベル、そして太陽光に当ててもキラ浮きがほとんどない。

絶対にサロン品がいい!みたいに言うつもりもないんですけど、
結局のところ質は良いです。

ニオイの強さ

ルベル マテリアG ニオイの強さ

数値214。

刺激臭は強くもなく、極端にしない訳でもなく。
変に香料の香りが強い訳でも無く。

普通の白髪染めやヘアカラーの匂い。
サロンでカラー入れてる時の匂いを想像して頂ければそれでOKです。

色落ち

ルベル マテリアG 白髪100 染め後
マテリアG 色持ち

色持ちはトップクラス。
深さが多少消えてますが、並べてもあまり気付かないレベルだと思います。

染め直後のタオルへの色移り

ルベル マテリアG タオルへの色移り

ここは結構あります。
市販だろうとサロンだろうと白タオル以外で拭いてください。

総合評価

ルベル マテリアG

おすすめ度
染まりやすさ
色持ち
ダメージ
刺激臭
5.0
5.0


市販と比べてどっちがいい?

まず大前提として、サロンだろうと市販だろうと
どっちが売れようと知ったこっちゃない立場なので、そのまま話します。

良く「市販の白髪染めはダメ、サロンのは良い」みたいに言われますが…
別にそんな極端なことになってませんw
特に染まり方に関しては

マテリアG 白髪50 染め後
ウエラトーン白髪50 染め後

市販でトップクラスに良く染まった物と似たようなもんです。
色持ちも良いですが、市販のでもこのくらいのもあります。

でも。

どの項目を取っても、トップクラスの質にあるのでやはり物は良いです。
特にマテリアGは色持ちの良さが際立ってますね。

あ、市販と似たようなもんって言われても信じない人も多いと思いますが、
ムリに信じる必要もないです。

サロンカラーを買って使えばいいだけなのでね…w
あんまり使ってる人いませんけど。

そいえば、なんでこの流れにならないんでしょうね?
市販のは薬剤がダメ、サロンのは良いって言いますけど、
その流れ、サロンのカラー剤買われて終わりだと思うんですが。

値段もそんなに変わりませんし。

下手すりゃサロンの白髪染めの方が安かったりします。

あ、結局どっちがいいか?って話については
残留のしにくさが大きいですが、総合的にサロン品の方が上ですね。

家でサロンカラーを使ってみたい方に

ホームカラーでサロンのを使ってみたい人向けに書いておきます。

サロンのカラー剤はAmazonとかで普通に買えますが、
市販の白髪染めみたく、一式全部揃ってる訳じゃないので

・1剤

・2剤(オキシ)

・カップ(混ぜるための容器)

・ハケ

・手袋

これらが必要です。
まぁ手袋やハケは代用がききますが、特に2剤ですね。

上のデカいヤツが2剤です。
1剤だけ買っても2剤は付いてこないので、2剤を買う必要があります。

使い方

マテリアGの話ですが、薬剤比率は1・1で混ぜます。
放置時間は30分(推奨タイムです)

1・1で混ぜて、塗布して、放置。
基本の使い方は市販のと同じです。

オキシ濃度はどうすれば?

ものっすごい簡単に言いますが
明るくしたいなら6%、暗くしたいなら3%
数値が高いとブリーチ力が高いと思って頂ければOKです。

混ぜて4.5%を作ることも可能ですが、
この辺は慣れてから色々調べてみてください。

最後に

めんどくせーなーと思うかもしれませんが、
別に無理してサロンカラーを使う必要はありません。

使ってみたい方だけ使ってみてください。

あんまり使ってる人が多く無いので、
こういう選択肢もある、という事を知って頂ければ。

 

マテリアGのレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
この商品は良かった、悪かったの本音を他の方に伝えてみませんか?

 

おすすめ記事