フラガールカラートリートメント リッチとの違い・染まり差

フラガール リッチとの違い

実際に使用した、染まり・色落ち…
フラガールカラートリートメントの「通常版」と「リッチ」との違いを。

あ、ちなみに色はダークブラウンの比較です。

染まりの違いと色味

フラガール リッチとの染まり差

染まりは通常版が上

下が通常版、下がリッチです。
そこまで差はありませんが、若干、普通のフラガールの方が濃く染まります。
(逆だと予想してましたが)

色味としては

□ 通常版フラガール・・・平均的なダークブラウン。
□ リッチ・・・ややベージュ寄り。

こんな感じです。
まぁそこまで大きな差はありません。

シャンプー7回後の色落ち

フラガール シャンプー7回後の色落ち

同じシャンプーで色落ちの確認後の色です。
(一週間後の想定なので、7回。)

ほぼ見分けつかなくなりましたねw

左がリッチ、右が通常です。
一応伝わると思いますが、色持ちは明らかにリッチのが上です
30種類以上調べてきましたが、
カラートリートメント全体で見てもかなり上位に来るレベルで色持ちが良い。

通常も普通ぐらいではあるんですが。
色持ちの良さはリッチの勝ち。

その他の違い・比較表

フラガール フラガール・リッチ
フラガール カラートリートメント フラガール リッチカラートリートメント
価格 2,139円 3,520円
内容量 250g 170g
匂いの強さ 303 482
4色 5色
pH 5.7 6.0

ここでの重要部分はコスパですね。
コスパは通常版が圧倒してます。

匂いはどちらも人工的な安っぽさのない、いい香りです。
(個人的には匂いはリッチの方が好き)

最大の違い

この2つの最大の違いは
「テクスチャの硬さ」と「チューブの形」。

通常版フラガールはよくあるタイプですが

リッチは根本・生え際に直接塗れるように作られています
あと、テクスチャもリッチの方は根本に留まりやすいように硬く、
通常版は全体に塗りやすいように、柔らかく伸びのいいタイプ。

□ 全体に塗りやすい通常版。
□ 生え際に塗りやすいリッチ。

こんな作りになっています。

まとめ。どっちを選べばいい?

フラガール リッチとの違いまとめ

生え際を染めたいなら、リッチ。

全体を染めたいなら、通常版。

基本はこの選び方で確定です。

染まり・色持ちの差はありますが…
「色持ち良いのが欲しいからリッチにしよう!」って選ぶと、
メッチャ無駄ですし塗りにくいです。
(コスパで言えば倍近く無駄)

特に、リッチのチューブの生え際に直接塗れる作りになってるのは
何十種類もあるカラートリートメントを見渡してもこれだけ。

フラガールのカラートリートメントは
どちらも染まり・色持ち等のスペックが良いので、買って損するもんではないです。
口コミ評価もかなり高いですし。

まぁ、リッチを全体染めで使うなら損ですがw

 

おすすめ記事