白髪染めトリートメントのおすすめTOP7【33品検証】

検証済み白髪染めトリートメント

調査済み、全の総合おすすめランキングです。
上の画像でわかると思いますが、全部買って調べてます。

最重要ポイントは「染まり」で次に「色持ち」を重要視してます。
単に良く染まって、色持ちの良いのはどれかこれを調べただけです。

全順位を書いても誰も見ないと思うので、おすすめの7種類を。

 

評価方法

使用条件は全て同一にしています。
調査の流れ

□ 色はダークブラウン

□ 放置時間は全て30分

□ 塗れた髪に使用

□ 使うシャンプーも同一

色はダークブラウンで、染める条件は同じ。
お風呂場での使用を想定しているので、濡れた髪に使ってます。

 

目次

 

白髪染めトリートメントおすすめランキングTOP7

第1位 マイナチュレ・カラートリートメント

 

THE・カラートリートメント

最近出た新しいカラートリートメントですね。
総合力が非常に高い商品です。

染まりもトップクラスで

↑マイナチュレ
日本一売れている利尻と比べても

↑利尻
※どちらも5回染め後

染まりは次に来るラボモが一番濃いですが、しっかり染まります。
何よりレベルの高いのがトリートメント効果

機器を使用して指通りの試験もしていますが、全体2位。
使ってみるとよくわかりますが、サラサラで艶のあるまとまりが持続します。

ダメなトコがほとんど無いです。
公式でしか買えないのが面倒なくらいですかね。

「ダメージを抑えながら、しっかり染めたい」
という希望をそのまま体現したようなカラートリートメント。

 

ダークブラウンの髪との比較

マイナチュレカラートリートメント 染まりイメージ

ダークブラウンの髪と比べるとこんな感じ。
左の女性より、少しだけ落ち着いた印象のダークブラウンです。

自然なダークブラウンに染めたい方におすすめ。

 

公式ページはこちら >

 

実際に使用したレビューはこちら

 

第2位 ラボモ・カラートリートメント

 

染まりの良さ特化

アートネイチャーが作ってるヤツですね。
特徴がホントにわかりやすくて、

とにかく良く、濃く染まる。

この一言で終了。
染まりやすさは頭一つ抜けてます。

ラボモ 染まり比較

他のと比べるとよくわかりますが、マジで濃いです。
※当たり前ですが、全部ダークブラウン使用の比較。

 

ちゃんと染まるカラートリートメント少なすぎって話でもあるんですが。
色味も赤みが強すぎたり、黄色味が強すぎたりという事もない、
わかりやすい「濃いダークブラウン」に染まります。

染まりすぎに注意というのも妙な話ですが、
肌も染まりやすいので手袋は必須です。

 

とにかく色の入り方が良いので、
白髪をしっかり染めたい・落ち着いた色に染めたい人におすすめ。

1番よく染まる白髪染めカラートリートメントどれ?と聞かれたら、
確実に「これ」と答える、染まり特化の商品。ゆえに暗めにしたくない方は不向きです。

 

ダークブラウンの髪との比較

ラボモ カラートリートメント染まりイメージ

ダークブラウンの髪と比べるとこんな感じ。
染まりが良すぎて、もはやダークブラウンを貫通。

濃く、しっかり暗めに染めたい方向けです。

 

公式ページはこちら >

 

実際に使用したレビューはこちら

 

第3位 ルプルプ・カラートリートメント

 

赤みのある仕上がりが好きな方向け

染まりやすさはマイナチュレと同じくらい。

これの特徴は、良く染まる中で赤みが強く出るのが特徴。
「赤みのあるタイプで一番良く染まる」
と言った方がいいかもですね。

色味の好みが分かれやすいタイプです。

ルプルプ ヘアカラートリートメント 白髪100 染め5回目
ルプルプ ヘアカラートリートメント 一週間後の色落ち

上のはシャンプー7回後の色落ち確認用ですが、
色落ちしてくると赤みがわかりやすくなります。
(ちなみに色持ちはかなり良い部類)

ですので赤みのあるダークブラウン希望の方限定です。
落ち着いた色味、というより鮮やかな色味に染まるタイプ。

 

ダークブラウンの髪との比較

ルプルプ カラートリートメント染まりイメージ

ダークブラウンの髪と比べるとこんな感じ。
左の女性が赤みのあるダークブラウンの髪なので、ほとんどそのまんま。

この女性のような髪色に染めたい方向けです。

 

公式ページはこちら >

 

実際に使用したレビューはこちら

 

第4位 髪萌・カラーアップ

 

根本・部分染め用

上の3つとは用途が変わって、
部分染め・生え際染めに特化したタイプです。
普通のと何が違うのん、というとテクスチャの硬さ。

これ伝わらんな…。

 

全体染め用は柔らかく伸びやすいんですが、
これは生え際に留まりやすいようになっています。
(普通がマヨネーズなら、これはポテトサラダの如く)

生え際に留まりやすく、生え際を染める用。
逆に言えば伸びが悪いので、全体染めに使うのは×。
無理して使えなくはないですが、コストが高くなるので無駄です。

 

生え際をピンポイントで染めたい方向けの商品です。
あ、忘れてましたが濃さ・色味共に「こげ茶」なのでそちらの心配はありません。

 

ダークブラウンの髪との比較

髪萌カラーアップ 染まりイメージ

ダークブラウンの髪と比べるとこんな感じ。
シンプルなダークブラウンといったタイプで生え際の黒髪にも馴染む色味です。

 

公式ページはこちら >

 

実際に使用したレビューはこちら

 

第5位 ホーユーレセ・カラートリートメント

 

染まるまでに回数は必要だけど

赤みが全然ないタイプです。

非常にコスパの良い商品なんですが、上位のと比べると染まりやすさで負けます。
上の4つは2.3回使用でほぼ隠れますが


レセは3回ではちょっと白浮きが目立ち


5回染めでほぼ完成です。
しっかり白髪を染めるまでに回数が掛かるタイプ。
(全体でみれば相当上ですが)

ただ、低価格帯では確実にトップクラス。
赤みの無い仕上がりが好きで、なるべく安く済ませたい人向けです。

 

ダークブラウンの髪との比較

ホーユーレセ カラートリートメント染まりイメージ

ダークブラウンの髪と比べるとこんな感じ。
1回では全然足りませんが、しっかり染まれば赤みの無い落ち着いた仕上がりです。

 

 

実際に使用したレビューはこちら

 

第6位 シーラボ・カラートリートメント

 

無香タイプ

匂いのあるタイプが苦手という人もいらっしゃると思うので。
香害持ちの方、香料が苦手な方向けですね。

色味は赤みの少ないダークブラウン。
染まりは言うまでもなく、ここに載ってる時点で十分染まりますが、
色持ちがやや悪めなのが弱点。

 

なので、やはり特化部分は
「無香タイプの中で一番良く染まる」
これが一番のメリットですね。

 

あ、ちなみに「無香だから」ってだけで6位にしてる訳じゃないです。
単純に品質が良くて、それが無香タイプだっただけですw
無香タイプは数が少ないので貴重。

 

ダークブラウンの髪との比較

ドクターシーラボ カラートリートメント染まりイメージ

ダークブラウンの髪と比べるとこんな感じ。
左の女性よりも落ち着いたダークブラウンと言う色味。

 

 

実際に使用したレビューはこちら

 

第7位 利尻・カラートリートメント

 

バランス型

ランキング1位常連ですね。
多分、一番売れてる白髪染めカラートリートメント。

 

染まりでは上位陣に劣ります。

無香タイプ・色味もシーラボに似ているんですが、比べると

シーラボ ヘアカラートリートメント 染め5回後
利尻カラートリートメント 染め5回後

染まりで負けます。

スペックがよく癖が少ないので入門用に。
初めて使う人はこれから試すのも良いと思います。

 

ダークブラウンの髪との比較

利尻カラートリートメント 染まりイメージ

ダークブラウンの髪と比べるとこんな感じ。
色味はシーラボと似ていて赤みの少ない、落ち着いた色です。

 

 

実際に使用したレビューはこちら

 

まとめ

商品名 評価
マイナチュレ カラートリートメント
マイナチュレ
総合力ナンバー1。
ダメージを抑えて、綺麗なダークブラウンに染めたい方に。
ラボモ ヘアカラートリートメント
ラボモ
染まりが非常に濃いため、
しっかり染めたい・暗めに染めたい方に。
ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプ
色味に特徴あり。赤みが強いので
赤みのある仕上がりが好きなにおすすめ。
髪萌 カラーアップ
髪萌カラーアップ
根本・部分染めしやすいタイプ。
全体染めじゃなく、生え際のみ染めたい方に。
レセ カラートリートメント
ホーユーレセ
染まりは緩やかだけど、安価。
なるべく安く済ませたい方に。
シーラボ ヘアカラートリートメント
シーラボ
無香タイプの中で一番よく染まる。
香害持ちの方、人工香料が苦手な方におすすめ。
利尻 ヘアカラートリートメント
利尻
全商品で見れば上位にくるスペック。
でもシーラボに濃さで負ける

 

最後に

白髪染めトリートメントランキング

気付いた方もいるかもしれませんが、他と比べると染まり方が違っています。
これについては
他のサイトと染まり方が違う理由
に書いていますが、うちでは

 

染まりやすい毛束を使って「いない」ため、薄く染まってます

 

基本的に、生え際・ダメージの無い白髪、
ヘアカラーをしていない方の染まり方想定となっています。

同じ条件で使って一番染まったのはどれか
調べただけなので、少しでも参考になれば幸いです。

 

今回紹介した商品

 

 

 

 

おすすめ記事